toggle

Profile

[僕が画商になるまで]

-美術1でもわかるアートの世界-

 

小・中・高までスポーツに明け暮れた青春時代。

机と向き合うどころか頬をすり寄せてよだれを垂らす日々。

もちろん、成績は1ばかり。美術もそのうちのひとつです。

 

結局スポーツも中途半端で挫折しました。

 

大学では無謀にも理系専攻に進み入学。

しかし、勉強についていけずに4年留年し挫折。

 

専攻を文系に切り替えて何とか卒業が見えた頃、

僕を温かく迎え入れてくれた社会は就職氷河期でした。

大学8年生。辛かった。

 

なんとか内定をもらえましたが、そこも1年半で転職しました。

転職先はオフィスデザイン会社でしたが、そこで待っていたのは激務でした。

 

身体しか使ってこなかった人間に頭が使えるわけがありません。

要領が悪く上手く溶け込めないまま、

最後にはうつ病になり休職することに…

こうして私は人生三度目の挫折を味わいました。

病状が安定してきた頃に

 

デザインの勉強になるかもしれない!

 

と思い美術館に足を運びました。

その頃の私は

デザインとアートを似たものとして考えていたのでしょう。

 

あるメキシコ人との出会いが僕のマインドを一変させました。

その時です。私がアートと出会ったのは…

 

アート≠デザイン

 

この公式を彼は僕に言わずとも観せることで理解させました。

彼には当たり前だったことが私には当たり前でなかったのです。

そんな僕でもわかるアートの世界を皆さんがわからないはずがありません。

 

たくさんのアート作品たちに出会って、作家さんにも出会って、

こんな僕でも、

 

「あなたに作品を観てもらえたことが幸せです」

 

っと言ってもらえるようになりました。

 

僕の趣味はアート鑑賞です。

 

こんな僕でも必要としてくれる人がいることに気付きました。

アーティストたちに担ぎ出されて、

画商になりました。

 

アーティストたちに囲まれて、自分の使命に気付きました。

 

アート作品を見るたびに、

 

少しでも作品を人の目に触れる様にあげたい

 

と思う様になりました。

こんな僕にも夢ができました。

 

「この日本という国にアートを観る文化を築く!」

 

やり方は僕が教えます。

僕の話を一度でいいから聞いてください。

あなたのその目で見る世界をきっと変えられるはずだから…

 

よりもっと詳細なプロフィールは、

↓こちらになります

【長文注意!】現代アート理解の下地 人生の軌跡

アートの特徴に関する記事は

↓こちら

アートとデザイン何が違うんだろ?具体例でわかる現代に生きる僕らのアート

 

今はこんな感じですが、やってくうちに変わると思います。

・ブログ

初心者向けの内容

ワークショップなどイベント情報発信

作品の販売など

・facebook

玄人向けの内容や初心者向けの内容までアートに関すること

・Twitter 瞬間的に思いついたことなど

・instagram 作品のヴィジュアル画像や世界発信