toggle
2016-11-29

【入門】画商Tetsu推奨!ギャラリーを楽しむ3つのステップ

画商Tetsuです。

今回はギャラリーの楽しみ方について

ご紹介したいと思います。

ではさっそく

 

%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc-%ef%bc%93%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97

1.感じる

 

  • まずザーッと展示作品を流して見てください。
  • 全体が見渡せるギャラリーなら、見渡す程度で問題ないです。
  • 歩きながら作品の前をゆっくり流しながら見てください。
  • ピンと気になってアレ?と思う作品があるか確認です。
  • ピンと来る作品と出会ったらその印象を端的に感じ取りましょう。
    • いいなぁ
    • 好きだなぁ
    • うわっ!なにコレ!?
    • 気持ち悪い
    • 嫌い
    • 暗い
    • 明るいなぁ
    • …無限にあると思います。

ここまできたら次のステップです。

 

2.観る

 

  • アンテナに掛かった作品を全体像でつかみます。
  • 自分で何がピンと来たかを探します。下記は例の一つです。
    • 色(単一の色・色の濃淡・色のバランス)
    • 構図(位置関係)
    • 形(抽象的なものも含めて)
    • 全体的な画面
  • 今度は気にしてなかったそれ以外に目を向けてみましょう。
    • 単色→色の濃淡・色の濃淡→色のバランスなど
    • 位置関係→背景の色や描かれているもの
    • 形→形を成している輪郭
    • 画面→部分的な色や輪郭の境界など
  • 言葉でなんとなく○○な感じって言えれば次のステップです。

 

3.読む

 

最後は自問自答です。

  • なぜ気になったのでしょうか?
  • なにが違うんでしょうか?他の作品と比べて…
  • どのような変化が起きましたか?その作品を通じて
  • どのような効果があったでしょうか?あなた自身にとって作品は…

 

 

画商Tetsu のまとめ

 

ステップは3段階

①感じる

②観る データ収集

③読む データに基づいた分析

この3ステップで最も難しく、大事なのは②です。③意外と簡単です。

これができればアートマスターです。

個人的にその作家さんについて意見を持つことができ、アーティストさんともお話しできると思います!

 

最後に見るためのトレーニングサイトをご提示します。

http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/tagi.html

観るトレーニングになるかもです。

それでは今日はこの辺で…

またね☆ミ

画商Tetsu

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です